退職金制度を利用する理由、税金対策

 
退職金は給料の積立である

退職金はボーナスと違い社員の給料の一部を積み立てて退社した時に
一括で支払うというのが一般的です。

そのため金額が大きいからといって会社は負担になったり支払えなく
なったりということはありません。
ただし希望退職を募る場合は通常より優遇されるのが普通です。

ところで給料の積立なんていらないから今多く払ってくれ、と思う人も
いるかもしれませんが、そうせずにわざわざ積立をするのは退職金が
給料として支払う場合に比べて税金面で大きく有利なためです。


税金面の優遇

給料をもらうと所得税を支払うことになります。
サラリーマンだとあまり意識していないかもしれませんが、高額所得に
なるほど税率も上がるため実際は結構な金額を引かれているはずです。

しかし退職金なら基礎控除が80万もある上、勤続年数×40万円が控除
されます。
また20年以上の勤続年数ならそれ以降は年70万円の控除が受けられます
ので一つの会社に長く勤めて積立が多くなっても支払う税金は少なくて
済むようになっているのです。