相続の遺留分とは、その割合

 
相続の遺留分とは

本来相続での財産分配は遺言書があればそれを優先して分配
されるのですが、本来の相続人である人が生前不仲などで遺言書に
財産分配する旨が書かれていなかった場合には法律的に訴える
ことで本来の相続人である人は最低限の決められた分配がもらえます。
これを遺留分といいます。


どれくらい取り分があるか

相続では遺言書がなかった場合、法律ののっとった分配が
行われるのですが、遺留分はその法律にのっとった分配の
半分が保障されます。

例えば兄弟3人のみが相続人だった場合、法律では兄弟に上下
関係はありませんので遺言書がなければ3人で三等分されます
が、遺言書に「次男だけ遺産相続なし」と書かれていた場合は
遺留分は本来の分配である3分の1の半分になるので6分の1と
いうことになります。


全財産を相続人以外に相続させることはできるか

遺留分とはあくまで法定相続人の権利として訴えた場合にもらえるもので、
相続人が遺言書を尊重し、遺留分を請求しないとすれば全財産が
相続人以外に渡ることもありえます。