自己破産、個人再生手続きとは、その条件

 
自己破産とは

返済不能なほど多額の借金を抱えてしまった場合に法的手続きをとって
借金を帳消しにしてもらうことです。

デメリットとしては持ち家を含むすべての財産を処分して返済にあてて
からでないと行えないのと最長で7年間ブラックリストにのってその間は
借金やローンができず、クレジットカードも作れなくなります。

ただ、自己破産は簡単にいうと借金を踏み倒すことですので、
簡単にされてはお金を貸しているほうとしてはたまったものではありません。
そのため、自己破産をするには借金を返済するだけの資産と収入がないと
判断された場合に限ります。


個人再生手続きとは

自己破産と同じく借金をチャラにしてもらう制度ですが、こちらは
条件を満たしていれば借金の一部を返済することで持ち家などの
財産を処分しなくてよくなるという制度です。

条件は下記。

・借金が5000万円を超えていない

・過去7年以内に自己破産をしていない

・将来継続的に収入を得られる見込みがある

・個人の借金である(会社などの法人でない)