離婚とお金、慰謝料や財産分与

 
財産分与

結婚してから稼いだお金は夫婦二人で築き上げたものであるため
例え妻が専業主婦であっても二人に取り分があります。

ただし結婚前に貯金していたり投資していた資産などは一方の
ものとなります。

また財産分与で得たお金は非課税となっています。


慰謝料

離婚の原因となったほうが払います。
ゆえに双方の浮気が原因、などの場合は発生しないこともあります。

金額は一方の精神的なダメージなどを加味されますが、支払う側の
経済状況にも影響されるため、一方に財産がまったくないと
原因があっても支払なしという事もあります。


養育費

子供がいる場合のみですが、親権をとった側が子供を養育するのに
必要な額の約半分をもう一方に求めることができます。

養育費は子供が親に請求する権利なため離婚原因がどちらにあったと
しても親権をとったほうは子供の代わりとして請求できます。

期間は成人するまでではなく社会人として自立するまでというのが
一般的です。


マイホーム

夫婦で購入したマイホームをどうするべきかは、離婚の際に
悩む大きな問題のひとつでしょう。
また、残った住宅ローンを誰が払っていくのか、不動産は
誰の名義にするのか、保証人の問題はどうするかなど考えなければいけない
ことがたくさんあります。

財産分与で現金を多めに渡すかわりに住宅をもらう、というのも
いいですが、ローンの支払いのこともしっかり考えておかないと
いけないでしょう。
また、名義人についてもしっかり調べておきましょう。