FX、株で儲けた際の税金、確定申告、節税

 
税金の確定申告は必要か

少額ならしなくてもかまいませんが一定額を超えれば必要になります。
サラリーマンなら利益が20万以上から、フリー、個人事業主は他業務の
利益に加算される形になります。

ここでいう利益とは損失や経費を引いた額なので勝った分だけを考えては
いけません。

※株とFXの儲けは税制改正により、他業務には合算されず、分離課税として
 一律20%の税金がかかることになりました。

 他業務で赤字だった場合や他業務で青色申告控除などの控除が余っている
 分は株、FXの儲けから控除することができます。


どうやって節税すればいいのか

まず一番に考えられることは経費を増やし、しっかりと計上することです。

といってもFXや株で考えられる経費は限られていると思います。
勉強のために使った本やセミナー費用、パソコン代、インターネット代などです。

法人ならトレードしている部屋の家賃やその他雑費用も計上できる場合があります。

後は損失額のコントロールです。通常の証券口座では損失は翌年に繰り越せないため
損失の多い年は年末までに含み益があればなるべく決済しておきそうでなければ
来年損失が出ることを考え含み益を持ち越すか含み損を持ち越すなどすれば
いいでしょう。

ただし証券会社によっては毎日証券会社側で決済され来年へ持ち越せない場合もあります。


FXの節税くりっく365

FXではくりっく365という特殊な証券口座の開設をすることで翌年への損失の繰り越しができ、
税率が累進課税ではなく一律20%に固定されるなど節税がしやすくなります。

ただし利益が少なくても税率は20%ですし、手数料が高くなるなど人によって向き不向きが
あります。