複利投資とは、運用に向いている商品

 
複利の考え方

仮に100万円を投資する事で年間10%の利益を得られるとします。

そのままうまくいき、10年間投資を続ければお金は倍の200万円に増える
はずですが、複利の考えを利用すれば実際はもっと増やす事ができます。

その方法とは利益として得られた10%を利益を得るための投資に回すのです。

つまり毎年100万円しか投資しなければ利益は毎年10%の10万円ですが、
複利なら2年目は110万円を使うので利益は11万円になります。

もし200万円まで原資が増えてそれをすべて使えば利益は最初の2倍である
20万円まで膨れ上がります。


複利を活かせる投資商品は何か

銀行金利が低すぎる現在の日本では預金は向いているとは言えないでしょう。

不動産は少額では増資できないためこれも向いていないと思います。

現状では一般人がもっとも参入しやすいのは外貨預金かFXだと思います。
株式でもいいですが、外貨のほうが金利がつくためわかりやすいと思います。

現在(2012年)では世界的な不景気なため金利は低下傾向にありますが、
それでもニュージーランドでは年間約2.5%、オーストラリアで約4%、
ブラジルで約10%と日本とはくらべものにならないくらい高いです。

逆にそれ以外の国は金利狙いでいくなら手数料などを考えると向いていない
でしょう。