確定申告の青色申告とは、メリットとデメリット

 
青色と白色の違い

サラリーマンは所得税について意識することはあまりないと
思いますが、フリーターや個人事業主、または副業をしている
サラリーマンなどは確定申告に青か白かを選ぶ事ができます。

何も申告をしないと自動的に白となるため青色の選びたい場合のみ
前年の確定申告終了までに税務署に書類を提出しましょう。


メリット

まずもっともわかりやすいのは白と比べて所得控除が30万円ほど増えます。
つまり同じだけ利益をだしても青色申告のほうが税金が少なくて済むのです。

次に経費にできる項目が増えるため、ここでも節税がしやすくなります。

ようは利益が多くなってきて少しでも税金を減らしたい、という人向けの
制度となっています。

また、赤字の場合、3年間損失を繰り越すことが可能になり、利益が出た年には
その損失額を経費と同じように収入から差し引いて節税することができます。
そのため、最初は赤字で段々利益を上げていく予定の人にはかなりメリットのある制度です。


デメリット

まず帳簿の記帳が必須となるため面倒でも毎日書かないといけません。

ちなみに白色だと帳簿を記載しなくてよいかというと実際そんなわけには
いかないと思いますが、強制ではありません。
ただし所得が年間300万円以上なるとやはり帳簿の記帳は必須となります。
つまり青色にしろ赤色にしろ所得300万円以上なら記帳は必要というわけです。
ただし、青色申告にも2種類あり、記帳した内容を提出すると控除が65万円に
なるものと、記帳した内容を提出しない選択をして控除が10万円だけになるものが
あります。

あとは税務署に青色申告をします。という書類を提出しないといけない
くらいですね。

こちらの書類は一枚簡単な用紙に必要事項を書くだけなので難しい事は
ありません。
書類は最寄の税務署にてもらいましょう。